最近あまりやってなかったシリアル転送でのフロッピーへの書き戻し手順です。忘れちゃうのでメモ代わりに記載します。


PC-88のフロッピードライブを使ってD88ファイルを書き戻しまします。機材としては、PC-88シリーズ本体、WindowsのPC、シリアルケーブル(リバース)です。

ソフトウェアはM88エミュレーターの作者さんのページにあるxdisk2と言うツールとそれをGUIで使用できるようにされたこちらの方のページからXDISKWIN2と言う物をダウンロードします。

cat20190615170213


今回は古代祐三さんが公開されたMUCOM88のイメージファルを書き戻します。(Windows版もあるので普通はそちらが手軽です)

cat20190615183714


88側とWindowsPC側の通信速度を合わせます。8MHz機だと19200ボーで大丈夫らしいですが、うちは9600でないと失敗しました。

cat20190615170348cat20190615170418


WindowsPCとケーブルを接続します。

cat20190615170208cat20190615170220


最初に88側にプログラムを読み込ませます。88を起動させてフロッピーの消灯を確認します。(ランプがついたままならブランクディスクを入れると消えます)

cat20190615184032


88側で、load"COM:N81X”を実行してプログラムをシリアルポートから読み込みの待機させます。続いてWindowsPC側のXDISKWIN2から、88用システム送信を行います。上手くロードが終わったら88側でプログラムをrunして待機モードにします。

cat20190615170535cat20190615170929


Windows側のXDISKWIN2の動作モードをファイル送信に変更して、ブランクメディアをセットして実行です。(書き込みドライブ番号やD88が複数枚結合されているとその辺りも確認します)

cat20190615184101


実行すると書き込みが始まります。※書き込みが終わったらそのまま待機モードになるので、連続作業の場合は88側はフロッピーの入れ替えのみです。

cat20190615171001cat20190615184341


と言うことで、無事実機経由で書き戻しが出来て生演奏?が聞けました。

cat20190615201444